FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年2月24日活動報告

久しぶりのブログアップ、いちろうです。

活動日:2013年2月24日(日)
活動場所:さんかく広場
活動内容:外遊び
テーマ:動きまわるのだ
目標:寒さに負けず、新しいゲームを楽しもう!
PJL:ねぎちゃん
さぶ:ゆえさん
参加者:ねぎちゃん、ゆえさん、トミーさん、りーちゃん、さとみちゃん、よしこさん、うーちゃん、ジョンキー、いーちゃん、たけちゃん、えーて、ブッラク、いちろう


【タイムテーブル】
ルールの詳細はミーテのブログ参照
参加してくれた子どもの数は把握していませんが、大学生の数よりはかなり多かったです
・むっくりくまさん
・おおかみさんいまなんじ
・逃走中 第1弾(簡易バージョン)
・休憩
・逃走中 第2弾(難しいバージョン)
・自由時間(サッカーや大縄など)
・(希望者が多かったため)逃走中 第3弾
・終了


【振り返り・職員さんからのお話も含めて】
☆全員に共通していたのは、PJLねぎちゃんの説明と進行の素晴らしさ。大絶賛の嵐。
・時間の使い方もちょうどよかった
・臨機応変に遊びを取り入れていたから子どもも飽きなかった
・良いタイミングで次のゲームに移れていた
・よくまとめてくれた
・説明上手
・新しいゲームだったがねぎちゃん中心に進められて子どもも楽しんでいた
・大きい声を出さなくても進行をしっかりと運べていた


☆ゲーム上の振り返りとしては・・・
・逃走中は特に大人気だった
 ハンターさんはじめ大学生お疲れ様でした

・逃走中のカードを使ったミッションは機能しない部分があった(子どもがカードに群がる)
→ルール・ミッションの見直しでより良くなる

・他のゲームも含めて、幼児から小学生まで幅広い年代が楽しめていた
・最初に声を出す遊びもやって盛り上がっていた
→職員さんからも幅広い年代層の子どもが楽しんでいたし、子どもは外遊びが大好きですとのことでした。


☆その他の反省点としては・・・
・さんかく広場から隣の団地にボールが飛び出してしまった場合の対応
 →塀を乗り越えて取りに行くのはルール違反、塀を廻って取りに行く
  大きめの子どもたちは無視しがちだけど、その都度注意する

・自転車を広場の真ん中で走り回る・置きっぱなしにすると危ない
・(Rootsの活動とは別に)遊んでいる大きめの子どもたちのサッカーボールなどが、小さい子どもたちにとっては危険な場面もあった
 →どちらも学園では日ごろから見られる光景で、その都度対応を考えるしかないのが現状。今日はさんかく広場にいる中学生が多かった。・・・という職員さん談。

・名札を忘れない

・遊ぶ範囲の設定(駐車場まではいかない等)を最初に言っておく

・全体遊びの輪の中にいない子どもの個別対応


**********************************
長くて無愛想なんですが、報告は以上です。
加筆・修正等は随時よろしく。

報告(番外編)としては、新歓方法について熱い話し合いが繰り広げられていました。
あと、活動後には試験お疲れ様会ということで、Rootsとしては珍しい活動後の飲み会があったようです。

個人的な報告としては、中3の男の子から、高校に合格したという吉報ももらいました。
ちなみに外遊びのプロジェクトは7月以来だったみたいです。
毎月同じことを思っている気もしますが、今月もとてもとてもとても楽しかったです。
PJL・サブのねぎちゃん、ゆえさん含め、ミーティングで企画を考えてくださった皆さん本当にどうもありがとうございました。
そして、じゃんけんに負けたためとはいえ、当日も遅刻したために事前の説明も聞けずにブログアップなんてしちゃってすいません、今更ですが。
スポンサーサイト

コメント

いちろうさん、ブログアップありがとうございます!
今月の活動はかなりうまくいったみたいで。切実に参加したかった(≧∇≦)大絶賛のねぎちゃんの勇姿を見たかったです笑
みなさんお疲れ様でした!!

あとルーツに新しい仲間が加わります!活動にも来て頂いたよしこさんです!ヤッタネ\(^o^)/

upありがとうございます

そうでしたね・・・・・・。いちろうさんは活動の説明をほとんど受けていなかったですね。じゃんけんでブログアップ決めるのはまずかったかも汗

偉大なるいちろうさんと活動できるのもあとわずかだと思うと…、あれ、目から汗が・・・・・・。

活動楽しんでもらえて幸いです。また来月も参加できたらよろしくお願いします。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。