FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/6 駒場で東大サークルオリからのミーテ

今は、東大サークルオリ二日目&お茶大サークルオリ当日の朝なのですが、記憶が残っているうちに書ききってしまおうということで朝から執筆しております、ブラックです。
昨日のことについて記録しておきます。

東大サークルオリ一日目は順調に進みました。rootsのブースに来てくれた人の人数は少なかったですが、そもそも昨日は理系新入生のためのサークルオリでしたので、
教育系ボランティアは女子メンバーが多いということと
東大リケジョの少なささ
を考えると、いたしかたないかなという感じです。

きのぴーさん、僕、じぇろさん、さとみちゃん、こいちゃん、ねぎちゃん、うーちゃんの計7人が入れ替わりながら新入生の対応にあたっていました。

多忙な中、皆さんどうもありがとうございました。

特に、せっかく仕事が休みだというのにきて下さったじぇろさんにはこの場を借りて厚く御礼を申し上げます。

その勧誘の結果として手応えあった人もいましたが、過度は期待をせずに「入ってくれたらいいな」という気持ちでこれからも接していこうと思います。


その後、ミーテを行いました。参加者は、僕、きのぴーさん、さとみちゃん、ねぎちゃん、うーちゃん、えーてさん、そして共立女子出身の方が見学に来てくださいました。

自己紹介をした後、きのぴーさんの留学体験記講座、前回の活動の反省で議論になった①ガムテープや②子供たちの安全確保の上で確認すべきことについて話し合いました。(この二つの問題点の詳細については前回のブログを参照してください)

この①②の結論は、前回の活動出たことをまとめ直したものになります。


ガムテープは一個しか使用しないが、名札係を2人にする。子供に名札を自分で書かせても良いが、その行方は係の者が必ず追う。
二人組みにしたのは片方が子供の対応に回ってしまっても、もう一人がガムテープに注意を払い続けるため。

※この議論は毎年繰り返されて答えは出ているそうです


・ステージ上に登らせない
・長いすの下やピアノの後ろに子供を入れさせない

これでいいでしょう。

また、
・遊びの開始や終了をきちんと子供に告げる、
・学園で活動する上での注意事項を確認する
といったことも話にあがりました。意識していこうと思います。


ここまで議論した段階で残り一時間くらいでしたのでレクレーションに移りました。

今回やったゲームは「Talk Game(仮題)」です
元々このゲームは「トークを主体としたゲームを創ろう」という理念の下、僕とその愉快な仲間たちの手によって創られました。その際特にタイトルはつけなかったので、(仮題)なわけです。


このゲームは、まず犯人役を一人決めてその人に対してゲームマスターがあるキーワードを与えます。キーワードは日常会話ではあまり使われないような言葉です。

その後、犯人を含むメンバー全員にあるテーマに沿った話を一人ずつしてもらいます。

犯人は何気ない話の中にキーワードを組み込んで話さねばなりません。

全員が話し終わった後、誰が犯人か?を全員で議論して決めるというものです。


今回は2ゲーム行い、一回目はテーマが「修学旅行の思い出」、犯人役はねぎちゃんで、キーワードは「ウズラの卵」でした。

結局特定されてしまいましたが、修学旅行に関する話の中にねぎちゃんがどうやって「ウズラの卵」を潜ませたのか?
それは参加者のみが知ります(笑)


二回目はテーマが「地元自慢」、犯人役はえーてさんで、キーワードは「魔女」でした。
これも当てられてしまいましたが、一回目も二回目も参加メンバーの皆さんの話はおもしろくて、ゲームマスターとしてもかなり楽しかったです。

話す側も結構楽しそうに話していました!!見学者の方もきっと楽しかったよ!!!!!(願望)

自分で話を創ったり、キーワードが何かを推理したりと頭を使うゲームですが、わくわくしてもらえたかな?


こんな感じでした。それでは本日のお茶大&東大サークルオリはりきっていきましょー
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。