FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月10日ミーテ@駒場

最近珍しく夜更かしが続いていて、日中ぽわーんとしています、ブラックです
ミーテ中も実は気分がふわふわしていました

そのぽわーとした状態のまま、今回のミーテ@駒場についてご報告いたします

参加者は僕に加えて、きのぴーさん、ねぎちゃん、こいちゃん、たけちゃん、えーてさん、もりーさん、たじっちゃん、小林くんで、見学者の方が二人でした

今回のミーテでは五月の活動の概枠を決めにかかりました
前回のミーテで五月の外遊び案としてぽこぺん、しっぽとり、震源地、どんじゃんけんぽんの四つが挙がっていたのですが、ぽこぺんは選択肢から消しました

というのも、ぽこぺんは缶蹴りに似た遊びらしいのですが、缶蹴りはrootsでは封印された遊びなのです。理由はおおよそ二つあって、
・学園の子供たち同士でもお互いの名前を知らないことが多い
・名札を子供たちに付けてもらっても、子供たちは名札を隠してしまう
からだそうです。
これらのせいで「缶踏んだ!」ができないので封印されたとか
というわけで、ぽこぺんを取りやめて他の遊びを考えることにしました

出た代案としては
・けいどろ
・サッカー
・タッチラグビー
・Sケン
・交差点←えーてさんが学園の子供たちから教えてもらった遊びだそうです。そしてたじっちゃんが命名

今のところはけいどろと交差点をぽこぺんの代わりにやるつもりです
<ルール解説>
交差点とは鬼が移動できる経路が限られた鬼ごっこのようなものです
以下の図をご覧ください
鬼は黒塗りの部分を移動することができ、鬼以外の人は白塗りの四つの領域を移動することができます。その条件の下で鬼ごっこを行うという具合です。
roots.png

また、僕がうーちゃんから聞いた話では缶蹴りだけでなくしっぽとりも封印された遊びだったはずです(まあ、えーてさんがおっしゃることにはしっぽとりは古くから特に問題なくやってる遊びだそうなのですが……)
獲得したしっぽの奪い合いが起きて、泣いた子供が前回いたとかで自主的に封印したという話を聞きました
あと、学園内で権力を持つ子供にしっぽを献上する風潮があるらしいですね

それでは、ということで今回のしっぽとりはチーム戦にしようと思います
しっぽの種類を変えて、二チームくらいでやりましょうかねぇ


まとめに入ります。結局、現在考えている今月の遊びのプランは
・しっぽとり チーム戦
・震源地
・どんじゃんけんぽん
・けいどろ
・交差点
です。前回の活動の反省から、小さい子供にも分かりやすい遊びをしようということになり、今回のようなメニューになったという次第です

これぐらい話した後は、今回のブログを書く人を決めるゲームを行いました
ルールは単純です。rootsメンバー全員に一から百までの内で好きな数字をひとつ選んで紙に書いてもらい、僕の数字に一番近かった人が今回のブログ担当とする。ただし、僕と選んだ数字が被った人がいた場合は僕が書く、というものでした

単純に考えれば両端の数字のほうがブログ係になりにくいんじゃね?というルールですが、それは僕がランダムに数字を選んだ場合の話です。そういう単純なロジックに走った人をブログ係にするために、意図的に僕が1や100を選ぶことも考えられるわけです。

それで結果なのですが、ええ、ごらんの有様です。たけちゃんと僕が選んだ数字は共に7だったので僕がブログを書くことになりました。ちなみに、えーてさんやもりーさんは50と51できのぴーさんが選んだ数は99でした。ここら辺からは、頭を使って僕と数字を被せようという意図を感じました!
まあ終わってみれば、たけちゃんが何も考えずに書いた7が見事に僕の戦略を打ち破ったのですが!(ちなみに僕は1~5を書いた人を狙っていたのですが、そんな人は今回いませんでした)

ミーテ終了後、アフターは九人という大所帯で駒鉄に行ったのですが、なにぶん混雑する時間帯だったので二人・七人に分かれて座ることに…。勘がいい人なら分かると思いますが、ええ、ブログ決めゲームで見事同じ数字を選んだ僕とたけちゃんが二人席に案内されました
その結果として、見学者の方二人とはまるで話せなかったのですが、きのぴーさんやねぎちゃんが軽妙なトークで場を和ませていたと思っています(笑)

というわけで、今回の活動もまったりと進行してまったりと終わりましたとさ
加筆・訂正があればよろしくお願いします


こぼれ話
①今回の見学者の片方は東大の一年生だったのですが、40分くらい迷子になった後に現れました。いったい、どこで迷子になったのでしょう・・・?とにもかくにも、大物の威厳がありました

②初めて数学徒の方(もりーさん)と話したのですが、僕が習っていた数学科の教授の特技「ぐっと睨むと、どういう筋道で議論を進めていけばいいか分かる」ができる人は数学科にも三分の一ほどいるとか…。う、嘘だろ・・・。そんなにいるの……?

③今回もtalk game(仮)を行ったのですが、そのお題である「案ずるより産むが易し」を僕は「安ずるより有無が安し」と自信満々に書いてしまいました。犯人役立ったえーてさん、よく分かってくださました(汗)もう一回感じの勉強をやり直さないと、社会人になったときに恥をかきそうです(冷や汗)

以上!なんとなく記事もふわふわしている気がしますが、そのまま保存します!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。