FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/20 ミーテ(勉強会)@お茶大

こんばんは。初めてブログを書くことになりました13期りょーやです。

台風で合宿が中止になってしまったのは本当に残念ですね。個人的にはさらに、友達に遊びの約束を寝ブッチされたり、麻雀で3万負けたりと踏んだり蹴ったりの9月でした。そろそろ成績発表だし。どうしよう( ;∀;)

本題に入ります。

今回は勉強会ということで、メンバーは発表者のなびさん、えりちゃんのお二人と参加者のブラックさん、うーちゃん、えーてさん、さとみちゃん、ゆきちゃん、そしてりょーやの8人でした。

勉強会のテーマはメーリスにもあった通り、①日本とアメリカの出産、子育て事情の違いについてと、②児童養護施設の概要の2本立てでした。

②の方は、発表に使っていた資料がrootsのGoogleドライブに入っているので、(「児童養護施設学習会byなびあん」、「恩寵園事件」の2つです)そちらを参照してもらうことにして、①の発表の簡単な内容を報告したいと思います。

配布された資料を基にお伝えします。勘違いがあったらすみません。

1、出産について



・アメリカは多民族国家なので、英語がしゃべれない患者には通訳者を呼ぶことが出来る。また、大きな総合病院には日本語通訳者が常在している。
・入院期間は自然分娩で2日、帝王切開で3日であり、短い。特に帝王切開の場合は痛みのピークが3日目らしく、痛みが引く前に病院を追い出されるとか。(余談だが帝王切開の語源はドイツ語のカイザー・シュミットである。かっこいい。が、なぜ皇帝という単語が入っているかというと、それはラテン語からヨーロッパ言語に訳すときの誤訳が元らしい)
・妊婦はビタミンの摂取が重要ということで、入院時はジュースを飲み放題。流石アメリカ。
・産後母乳を出しやすくするためには空腹は避けたほうがよい、ということでシリアル等スナック食べ放題。これまた流石。
・医療保険の一部?により入院費用は日本と同じくらいだが、期間は日本より短いため一日あたりの金額は日本より高い。そして保険が効いてないと大変なことになる(100マンエーンをゆうに超えるとか)



・入院期間は自然分娩で4~6日、帝王切開で1週間~10日あたり。
・食事は母乳によいとされる和食が中心であり、また、母乳がつまりやすくなるらしく、スナック、ケーキ類は厳禁。
・妊婦検診、出産は保険適用外で自費で行うことになるが、地方自治体による補助がある。額は自治体によって異なる。帝王切開には保険がおりる。

2、産休について



・産休は基本3ヶ月で、働いているほとんどの妊婦が出産間際まで仕事を続ける(産気づくまで続ける人も)
・仕事をしている女性がそれ以上休むのはナンセンスであり、職場復帰が難しくなるとか



・法律で定められている産休の最低ラインは産前6週間、産後8週間の約3ヶ月
・里帰り出産の場合は産前1ヶ月、産後1ヶ月の計2ヶ月が一般的

3、保険について



・会社の保険にはフルタイムの正社員のみが加入でき、保険料は給料から天引きされる。保険に家族で入ることができれば健康診断は無料で、子供についてはChild Careも無料(パートタイムは保険に入れない)



・年齢、職種、地域によって5種類の保険のいずれかに入ることが義務付けられている。
・子供の医療については、自治体ごとに内容が異なり、例えば東京都は就学未満児について無料としているが、さらに上乗せを行っている市区町村もある。

4、子育てについて



・ショッピングモールには常にキッズスペースがついており、子供を連れていきやすくなっている。
・公園には昼間子供はあまりいないが、夕方5時から8時くらいには学校帰りの小学生や小さな子供が沢山おり、夕食後暗くなるまで遊んでいる。(しかし地域によってだいぶ異なるとか)
・生後2週間の赤ちゃんでも親は外に連れて出ていくのが普通らしい。豪快ですね。
・しかし子供を家に一人にしていくのは子供が10歳くらいでも児童虐待とみなされ通報される。じゃあホームアローンはどうなるんだ、という意見も出ていましたね。どうなるんでしょう。
・上の理由によりアメリカではヘルパーを雇う人が多く、また、子供を一人にしないために会社を休むことも可能。また、ヘルパ―はプロではなく親しい人に頼むものらしい。当然免許はない。


・上に書いてあるのアメリカのものと大体反対

と、いった感じでした。最後適当でスミマセン(´・ω・`)

個人的には日本との違いに結構びっくりするところも多かったですね。留守番の話とか。
アフターでも、アメリカではコーラ1ダースが3ドルである(安い!)、などの面白い話を聞けて楽しかったです。
さて、長文になってしまいましたが、これは自分が実力不足であることもそうですが、今回の勉強会の内容がとても濃く、素晴らしいものだったからなのでしょう(確信)

最後に発表者のお二人とも、大変勉強になりました。ありがとうございました。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。